高校生向け情報

高校生向け情報

物質科学工学科の特色

物質科学工学科では,入学後の最初の1年半は,学科に共通する基礎科目を学びます。その後2年半は選択する専門性について3つの専門コース(化学プロセス・生命工学コース,応用化学コース,材料科学工学コース)において,より高度な学問技術を修得します。なお,各コースへの配属は1年終了時に決定します。

化学プロセス・生命工学コース

本コースでは,コース専門科目として主に化学工学という学問分野を学びます。化学工学は,化学工場,石油精製,半導体製造プロセス,バイオインダストリーに代表される,物質を混ぜたり,反応させたり,分離したりして製品を作る工業で扱われる技術を体系化したものです。具体的には,4年生になるまでに,

・物質の性質を対象とする〈物理化学〉,
・工業装置内での化学反応を対象とする〈反応工学〉,
・生物の力を借りた有用物質の生産を対象とする〈生物化学工学〉,
・物質の混合・分離を対象とする〈物質移動工学〉,
・熱エネルギーを対象とする〈伝熱工学〉,
・物質の運動を対象とする〈流体工学〉,
・工業装置の設計法を対象とする〈装置設計学〉,
・できあがった工場を使って生産を行うための技術を対象とする〈プロセスシステム工学〉を学びます。

化学工学の専門科目の他にも化学,機械工学,電気・電子工学,材料工学などの広い分野の学問を学びます。
4年生になると,卒業研究のために研究室に配属されます。これまでに学んだことを基礎として,生体材料,電子材料,新規触媒材料といった新材料とその生産技術の開発,高度分離技術の開発,コンピューターを駆使した各種のシミュレーション,エネルギー問題・環境問題に関連した研究,あるいは,人工臓器の開発といった研究テーマに取り組みます。その後,大部分の学生が大学院に進みより高度な専門教育を受けています。また,成績の優秀な学生は3年終了時から飛級により大学院に進学することもできます。
ご質問があれば、メールあるいは電話にてご連絡ください。興味のある研究室の見学も大歓迎です。
このページの先頭へ